援助交際はお金がメイン

女性たちが援助交際の主役だと考えている人もいるかもしれません。
ですが、援助交際で主役になっているのはお金だといえるのではないでしょうか?
このお金がなかったら援助交際をすることはできないのですから。
男性の立場からすれば、援助交際をすることはとてもリスクが高いものです。
そして、そのリスクを考えても魅力を感じているから、数時間の快楽のために数万円も出しているのです。
援助交際を成立させようと思ったら、それなりのお金を使わなくてはならないのです。
女性としても初対面の男性に体を許すことになるのですから、お金がないのであれば相手にしようとは思わないでしょう。
逆を言えば、お金のやり取りをしているからこそ、援助交際といわれるのであって、お金のやり取りをしていないのであれば、交際やセフレの関係になるといえるのではないでしょうか?
お金を出してでも性欲を発散させたい、お金をもらえるのであればセックスをしてもいいという男女の目的が一致しているから、援助交際となっているのです。
なので、男性も女性もお金のことを考えながら援助交際をしているといえるでしょう。
援助交際はその女性によって金額が違っていますが、3万円から4万円ほどが相場だといわれています。
普通に会社員として働いている人にはちょっと大きな金額だといえるでしょう。
ですが、そのお金を女性に渡せば、今まで体験したことがないようなセックスをすることが出来たりすると言う事もありますから、
性欲を持て余した男性からすれば、相応な額だと感じるのかもしれません。
女性の場合は、2時間ほど男性といるだけで3万円くらいもらうことができるわけですから、時給で計算すると15000円にはなるということです。
これだけ高収入になる仕事というのはまずないでしょう。
この援助交際がもしも1万円以下だったのであれば、援助交際をしようと考える女性はいないでしょう。
援助交際に興味がない人からすれば、一回セックスをするのに何万円も使うのはバカバカしいと思うかもしれません。
ですが、援助交際をしたいと考えている人からすれば、それくらいの出費は惜しくないのでしょうね。

▲ページトップに戻る